【NPO法人】法人クレジットカードを作ったので申請について書いてみた

こんにちは、リュウです。

皆さんの法人ではクレジットカードは準備できていますか?

以前はNPO法人の場合、銀行からお金を借りたりクレジットカードを作ったりするのは大変だったようですね。

うちは口座を作るのでさえ大変だったこともあるようですよ。

まあ、NPO法人などの場合は代表者が高齢だというところもあるので一概にNPO法人だからとは言えませんが…。

そんな中で今回法人クレジットカードを無事に発行してもらうことが出来たので、そのことについて書いておこうと思います。

ちなみにうちの事業所は障がい福祉サービスの就労継続支援B型事業所のみの運営で、法人としては比較的小さい法人です。

同じような法人・事業を運営している人たちの参考になればと思っています。

それでは以下から報告です。

 

法人クレジットカードの選び方

 

今回NPO法人での法人クレジットカード発行と言うことで僕もいろいろネットで調べました。

ただ、多くのサイトが参考にならなかったんですよね。

というのも、NPO法人で法人クレジットカードを作成することについて書いてはいても、色々と情報が多すぎて僕らのような小さな法人には現段階では必要ないかなという情報も多くて…。なので、今回は僕が法人クレジットカードを選ぶ際に見たポイントをご紹介。

2つだけ注目して選びましたよ。簡単なのでここだけ見ておきましょ。

 

・年会費が安いこと

・使えるところが多いブランドのカードを選ぶ

 

 

NPO法人の多くは元は小さな活動から始まった法人も多いです。なので1つ目に大事なのはコスト。維持にお金がかかっていては意味が無い。法人クレジットカードを紹介しているサイトは年会費が高い部類の紹介をしがちですが、実際に法人で使うなら年会費はできるだけ少ないほうが良いです。

そしてもう1つ大事なのは使えるところが多いかどうかです。法人クレジットカードをつくっても使えるところが少なくては意味は無いですよね。法人クレジットカードで支払うのであれば国内で多く使うでしょうから、その部分をよく考えて選べばいいかと。

小さなNPO法人は最低限のことだけ今は掴む

他のサイトでは付帯サービスやポイントのことなども書いていたりしますが、それは大きな法人では考えてもいいかなとは思いますが、そもそも小さい事業所ではそこまでクレジットカードを頻繁に使うことは無いでしょう。というよりも使えるお金は限られているでしょうから、そんなに使えないでしょう。

ポイント還元率やトラベル関係の付帯があったとしても年会費が高ければ意味ないですよね。

法人が大きくなった時にまた考えれば良いことは今は選択から省きましょう。

ETCカードの発行については考えても良い

唯一考えるとすればETCカードの発行ができるかどうかです。

うちの事業所は市外で施設外就労をすることもあるので高速道路の利用は考えられます。

なので、ETCカードは発行しました。参考までに。

 

今回ぼくが選んだ法人クレジットカードはこれ‼

 

そしてこれらのことを考慮に入れた上で僕が今回選んだのはJCBの法人カードです。

 

JCB法人カード
年会費 1,375円(税込み)
対象者 法人または個人事業主
ETCカード 複数枚発行可能

 

年会費が安く、日本のクレジットカード会社のため国内で使えるところも多いと聞いたのでこれにしました。

 

ゴールドカードなどもあるようですが、実務上必要であるかどうかを考えれば、僕はこれで十分だと思います。

 

 

発行の上で必要なこと

 

申請する法人クレジットカードは決まったのですが、ここからは申請に関してです。

一通りNPO法人が申請する上で必要なことを調べてみたのですが、必要な条件などは他の法人と同じだということ。

特に以下の2つに関しては大事なようですね。

 

・法人代表者の信用度
・運営状況

 

ちなみに僕の信用度についてはどうかと言われてもよくはわからないのですが、プライベートでのクレジットカード利用はする方ですが、払い忘れなどはここ数年無く毎月きちんと支払いしています。

法人財政に問題がなくとも、代表者の信用でも左右されるという話なので、普段からお金周りはきちんとしておいたほうが良いですね。

まあ、当然のことでしょうが。

うちの運営状況については年々財政面は安定しておりマイナスはありません。法令遵守で運営しているので問題は無いかと思います。

 

必要だったもの

 

申請にあたって必要なものも書いておきましょう。

 

・現在事項全部証明書または履歴事項全部証明書 6ヶ月以内のもの

・銀行口座情報と口座印

・代表者の本人確認書類:運転免許証や健康保険証等の写し

 

思ったよりも準備するものは少なかったです。こういった契約関係で大事なのは2つ。

法人証明の書類は必ず6ヶ月以内のものを準備しましょう。これはクレジットカードの申請以外でもいつも6ヶ月以内と指定があります。覚えておきましょう、6ヶ月以内です。

それからよく間違うのが、口座の印鑑。
これは法人、プライベートに関わらずなのですが、どの印鑑を使っているのかは把握しておく必要がありますね。
間違っているとあとから修正が必要ですので、無駄に時間がかかってしまいますよ。

 

作成の流れ

 

ということで申請。

ネット上での申請になるのでなんか面倒なイメージですが、JCBの申請フォームは思ったよりも面倒ではありませんでしたね。

今まで色々な申請フォームを見てきましたが、比較的使いやすいフォームだったなと思います。

申請フォームに必要事項を入力して、送信すればメールアドレスに申請完了のメールが届きます。

その後はメールで審査の進行状況が届くのでわかりやすくて助かりました。

 

フォーム入力で終了では無いので注意

フォーム入力が済むと安心しがちですが、実はその後書面での提出が必要なものもあります。

前述した証明書類と銀行口座記入及び押印した書面が別途送付する必要がります。

後日送られてくる書面に記入・押印して、証明書類とともに返信しましょう。

また、急いでいる方はフォーム入力後送られてくるメールから送付が必要な書類のPDFデータを取得できます。

それらを準備して送っても良いことになっています。

難しいことはわからないという方は返送されてくる書面を待ちましょう。

審査状況について

フォーム入力後、数日で審査を通過したとの連絡がメールで届いていました。
一時審査通過という内容で、送付した証明書類等を確認して確定と言う事でした。

対応の一部

JCBの担当の方からの対応についても書いておきます。
僕がやり取りしたのは2つの用件でした。とは言っても1件は書面での確認でした。

・代表者確認 電話と書面にて
法人関係の契約、申請などでは法人代表者に書面が送られてきて本人確認が行われます。
代表者の自宅に書面が送られてくるので、初めは何事かと思う人もいるでしょうが、内容としては本人がそこに実在しているかの確認なのでただ受け取るだけで終了。また、別日に法人にも電話での確認が入り申請の確認が簡単に有りました。こちらも難しいことはなく本人確認と申請が行われたことに関する確認だけです。

・口座名義の修正
今回の唯一ミスしたところです。口座名義のふりがなに間違いがあったのを見落としてしまったのでした。
パッと見わからないような間違い方で書類送付時に確認したにも関わらず気づけなかったです。
こちらは本人確認の電話の際にミスの指摘があり、後日修正のための書類が送られてきたのでそちらを記入して送付という形で対応してもらいました。

3週間ほどで申請完了
申請から3週間ほどで法人クレジットカードは発行できましたね。上限額は30万円。多くはないけど運営上問題ない程度。
今回はクレジットカード1枚にETCカード4枚の発行をしてもらいました。
問題なく使えてます。

 

やってみての感想

 

今回はNPO法人で法人クレジットカードを申請、発行までの流れについて書いてきました。

やってみて思ったのは、案外普通に通過したな…という印象です。

というのも、初めにも少し書いたように以前はうちの法人でも銀行がお金を貸してくれなかったり、銀行口座を開設するのも一苦労という経験をしていたからです。

前代表の時代はそんなこともざらにあり、法人クレジットカードの発行などは無理な話だと思っていんですよね。

前の法人代表は高齢だったこともあり年齢的なことや今後の支払い能力などが影響したのもあるかもしれません。

それが今回発行できたのは法人として案外大きな変化です。

今後はこの法人クレジットカードを有効に使いながら、さらに法人の運営がうまくできるようにしていきたいと思います。

今回の記事を参考にして、タイミングを見て一度申請を上げてみても良いかも知れませんね。

それでは、また。

最新情報をチェックしよう!