【Wi-Fi・テザリング・光回線】家族でネットを使うならどんなネット環境がいいか

こんにちは、リュウです。

みなさんは自宅でどのようなネット環境を使っていますか?

今回の記事では地方におけるモバイルWi-Fi、ホームルーター、テザリング、光回線の実際に速度測定した結果を掲載しながら、家庭で使うネット回線について書いていきます。

自宅にネット環境を構築する方法はいろいろ

ネットを使う機会って年々増えていてスマホにPC、ゲームに家電などほんとに色々な場面で使うようになっていますね。

ネットを使う場面も色々ですが、自宅にネット環境の構築方法もいろいろです。

今回は僕が実際に使ってた回線を実際の速度測定もしてみました。

4つのネット環境準備方法

主にネット回線を引くとなると4つの方法があります。

  • モバイルWi-Fi
  • ホームルーター
  • テザリング
  • 光回線

これら4つの方法をかんたんに確認です。

モバイルWi-Fi

モバイルという名前だけあってスマホと同じくらいの「モバイルルーター」を用いてネット通信をします。

ルーターの契約は必要ですが、持ち運び可能で回線を引くための工事などもないので使い始めはスムーズ。

ただし、速度の方はやはり限界があるので使いみちによっては心もとないカンジです。

ホームルーター

モバイルWi-Fiと同様に契約は必要なものの、工事などの必要はなく使えます。

速度もモバイルWi-Fi同様に限界があるので使いみちによるカンジです。

また、ホームという名の通り自宅での利用を使うことを目的とするため、コンセント接続が必要となるため持ち運びはできません。

テザリング

スマホをルーター代わりとして通信を行うこの方法は、スマホのデータ通信量を使って通信します。

そのため上記のモバイルWi-Fiやホームルーターとは違い別途契約を結ぶ必要はなく、工事をするという手間もありません。(スマホがテザリング対応、且つ別途オプション契約が必要なときもあり)

しかし、スマホのデータ通信量を使い果たしてしまうとスマホ自体の通信も速度制限がかかることがあるため注意が必要ですし、データ量を追加購入する場合は割高なことが多いです。

光回線

自宅に光回線を引いてネット通信を行うこの方法は、回線を引くための工事が別途必要となることも。

しかし、通信量の多さ、通信の速さ、且つ安定傾向は4つのうちで一番でしょう。

当然自宅に回線を引く形なので持ち運びは不可ですけれどもね。

工事完了まで通信できず、工事費は別途必要なため初期投資は他の方法に比べれはかかりますが、その後は月額料金以外は特段かかりにくいのも特徴です。

良いところも悪いところもあるが…

さて、ここまでネット環境を考えていく上での4つの方法を書いてきました。

「すぐに使い始められるか」、「持ち運び可能か」、「通信量上限」、「速度」等など色々とありましたよね。ということで、一度確認しておきましょうかね。

モバイルWi-Fi ホームルーター テザリング 光回線
使い始め

契約必要

契約必要

契約不要

契約・工事必要

持ち運び
通信上限 あり あり あり なし

ちなみに速度に関しては、実際の速さを試しに測定してみたので、測定結果を見ていきたいと思います。

理論値と実際の速度は違う

ということで、次は実際のところの速度ってどんなもんかというところ。

これは実際に通信をする上で一番重要なところですね。準備しても実用的でないと意味がないですからね。

通信会社の通信速度は理論上最大速度を記載するようになっているので、実際の速度はよくわからないものなんですよね。

通信速度の見方について

今回の測定に関してはPING、ダウンロード、アップロードのカテゴリーで測定されています。

PINGは通信の際の往復時間(レイテンシ)を表示したもののようで、通信の往復にかかる時間が表示されています。

ダウンロードは下りと呼ばれるもので外部からメールを受ける、サイト画面を表示させる時の速度が表示されています。

アップロードは上りと呼ばれるもので外部にデータを送信する、動画投稿する時などに関係する速度が表示されています。

ちなみに、測定環境で数値の変更もありえますのでそのことはお忘れなく。

地方だとこんなカンジ

ということで、今回はあくまでも参考程度に見てほしいとは思いますが、地方の住宅地での参考値を上げておきたいと思います。

ちなみに測定はSPEEDTESTを使って測定を行いました。

モバイルWi-Fiの数値

こちらはUQモバイルのモバイルWi-Fiの数値です。WiMAX2+のモバイルWi-Fiで3日で10GBの制限がかかるものですが、一切使わない状態での測定で実際の数値はこんなカンジです。

ホームルーターの数値

こちらはUQモバイルのホームルーター形式のもの。コチラも一度も上記「モバイルWi-Fi」と同様の契約でのもの。

【おまけ】ホームルーターのLTEを使用した数値

こちらは上記ホームルーターでLTE回線に切り替えての数値。切り替え式で、1ヶ月あたり7GBまで利用できるというものです。

auのスマホテザリングでの数値

スマホのモバイルデータ通信を用いてのテザリングを使用した測定です。コチラはauのスマホでのものです。

ドコモのスマホテザリングでの数値

スマホのモバイルデータ通信を用いてのテザリングを使用した測定です。コチラはドコモのスマホでのものです。

光回線での数値

こちらはSo-net光プラスでの数値測定。IPv4通信でのものです。

【おまけ】光回線IPv6での数値

こちらはSo-net光プラスでの数値測定。IPv6通信でのものです。

 

以上が同地点での参考数値測定の結果です。

今回のはあくまでも地方での参考数値測定ですし、実際モバイルWi-Fiの数値は出張時に都市部などで測定したときに大きく違う数値も出たりもしたので、測定環境の変化で大きく変わるということは前提ですよ〜。

測定結果を見て

PINGの数値は小さければ小さいほどデータのやり取りの時間ラグが小さくなります。

ダウンロードとアップロードの数値に関しては大きければ大きいほど、通信で送受信できるデータ量が多くなるためスムーズになります。

数値を見てわかるとは思いますが、光回線がダントツの通信速度になりますよね。

ちなみに、測定結果の画像の下部には通信状態の変化を線状で表示されていますのでそちらも参考に。

ネットゲームが目的なら

最近では子どもたちの遊ぶゲーム機でもネット通信を行うものがほとんどですよね。

もしネットゲームをして楽しむつもりであればPINGの数値が小さくなる方法で通信環境を整えたほうがいいそうです。

実際、モバイルWi-Fiなどで以前は僕もネットでゲームをしていたこともありましたが、途中で止まるなどの問題が…。

ゲーム目的であれば光回線だと安定して楽しめると思いますよ。

動画やネットサーフィンが目的なら

動画の再生やネットサーフィンでは、ネットゲームほどの通信環境は求めないことも多いです。

ですが、モバイルWi-Fiの場合は3日間で数GBでの利用までといったように期間内上限が定められていることもあります。

どの程度利用するかで必要となる環境も変わってくるとは思いますので、自分の利用頻度などを一度確認してみることをおすすめします。

また、利用する動画配信サービス等で必要となる通信量も変わるので、そこらへんも確認しときましょうね。

メールやLINEなどが目的なら

メールやLINEならそこまで通信量は必要ないでしょう。画像・動画を送信するなら話は別ですが。

そこまで大きな通信にはならないでしょうから、光回線ほどの環境は求める必要はないかと。

スマホでやり取りするのであればそもそもモバイルデータ通信で事足りますしね。

コスト面について

モバイルWi-Fiでもテザリング、光回線であってもかかるのはお金。

これは通信速度とともに大事なポイントにはなるかと思いますが…。

実際のところはそんなに変わらないもんです。

特別な回線を使うことやオプション等を加えれば大きな金額になることもありますが、昔ほどかからないですよね。

全体的に見てどうかを考えよう

モバイルWi-Fi、ホームルーター、光回線はいずれも最近の料金設定を見てみると4・5,000円程度で使えるようになってきましたね。

昔はもっと高くて子供ながらに「なかなか手が出ない」というイメージがありましたが、これもまた技術の進歩なのでしょう。

金額的にはあまり変わらないといったカンジが素人目ではします。

が、案外使ってみるとあとから追加課金が必要なこともあったりとポイントがあるので注意です。

追加が考えられる部分

たとえば、テザリングなんかが一番わかり易いポイント。

テザリングの場合はスマホのモバイルデータ通信を使う形ですよね。

この場合、テザリングであまりにデータ量を使ってしまった場合、スマホの通信自体が遅くなることもあります。

定量のスマホプランにしていた場合は、定められたデータを使い切ってしまうことで起きるもので、注意が必要です。

追加した場合の金額

定められたデータを使い切った場合、当月間は遅い速度での通信になります。

はっきり言って、これはとてもイライラするもの。

これを解決するには、追加でデータ量を購入する必要が出てきますが、この時の金額が高い。

たいてい数GBに対して数百円〜数千円かかるということになります。

会社によっては安く設定していることもありますが、元々追加課金は無いに越したことないです。

ストレス度についても重要視しよう

コストや通信速度自体も大事なポイントですが、一番対峙なのはストレス度だと僕は思っています。

通信が遅い、ゲームや動画視聴の際にエラーが起きるなどは非常にストレスがたまります。

最近だとリモートワークやフリーランスで在宅業務なんて人も多いので、ネット環境はストレス度と直結します。

先に書いた追加コストが掛かるというのも、そもそも遅い通信で我慢できれば問題ないものの、人間としての「イライラ」や「早く動画を見たい」などと言った感情や欲求が影響していることは言うまでもありません。

ストレスの貯まるようなネット環境はかえってコストが高く付くこともあるため、そのこともよく考えたほうが良いですよ。

結局、色々使ってみてのおすすめは…

僕の場合は、今回取り上げた4つの方法をすべて使ってきました。

その結果言えることは、自宅でのネット環境には光回線が結局は1番良かったということ。

他の3つの方法で長らくつないでみて、ダメだったので1ヶ月ほど前に光回線に変えましたが…。

「最初からこれにしとけばよかったな〜」と実感しているんですよね。

すぐに使えないし工事も面倒だけれども…

上でも書いたように、確かにすぐ使えないし工事も面倒だしと色々と控えたい光回線の手続きの数々。

僕も10年近くモバイルWi-Fiやホームルーターで耐えてきました。だって面倒だったんだもの。

が、モバイルWi-Fiやホームルーターだって契約は必要なわけで、且つ通信は遅く安定しにくかった。

もちろん通信状況はエリアによるものではありますが、そもそもの速度・安定性は光回線とぜんぜん違いますよね。

無駄に増える課金

モバイルWi-Fiが遅いため、スマホでテザリングを使ったこともありました。

かかるコストを減らすためにモバイルWi-Fiやホームルーターを使っていたのに、課金するという悪循環。

子供の動画視聴やネットゲームが始まってからはその悪循環が当たり前に。

結果減るはずのコストはどんどんと増える様になっていくわけです。

通信しなきゃ良いと思うかもしれませんが、僕もリモートワークに一時期切り替わったのでそうもいかなかったんですよね。

使って10年の他よりも1ヶ月の光回線

モバイルWi-Fi、ホームルーター、テザリングで凌いできた10年間。

光回線1ヶ月の現在ではありますが、大変満足できるんですよね〜。

会社でもネットは引いているのでメリットに関しては当たり前にわかっているはずだったのですが、自宅・実生活でのネット環境の満足度ってなかなかわかりにくいものです。

実際に変えてみて思うのは、「無駄な10年返してくれ」ということ。

それだけ、ネット環境って今のご時世大事な要素なんだということも学びました。

Wi-Fiのデータ量を気にするとはなくなり、スマホの通信金額も減るし、テザリング必要なし、ネットゲームのアップデートも怖くない、リモート会議だってなんのその。当然動画はスムーズで高画質でみれて、ゲームが途中で落ちることも無くなりました。

わかっているはずだった光回線の利点は、実生活と照らし合わせてみたところでイメージはできません。

実際に使ってみて実感しないとね。

もし、少しでもネット環境で困ることがあるのであれば、光回線の利用をこの期に考えてみてはどうかなと思います。

それでは、また。