【格安SIM・iPad】Wi-Fi・モバイルデータ通信でネットがつながらない

こんにちは、リュウです。

今日は珍しくネットについてお話です。普段僕は障がい者の就労継続支援B型事業所と母体のNPO法人の運営をしています。

相談員という職業柄のため色々な相談を受けるのですが、今日は少しばかりいつもとは毛色の違う相談についてのお話です。

こんな相談を受けました。

中古のiPadを購入して、その際に格安SIM(音声通話つき)を契約して使っていたのだけれども、なぜかここ数日通信ができない状態になっている。事業所を休む時に休みの連絡を入れるために使っていたけれども、今の状態だと連絡もできません。どうしたら良いでしょうか。

ホント相談って色々な内容が来るので、福祉専門の相談ばかりではないんですよね。色々と試してみた結果、理由がわかったので記事にしておきたいと思います。

格安SIMもipad本体も問題ではなかった

今回のオチを最初に書いておくと、結果的にVPN設定の問題だったんですよね。

こんなこと専門外だとなかなかわからないもんです。

まあ、なんとか解決はしました。

問題の検証開始‼

数日前まで通信状況は普通、それなのにいきなり通信ができなくなったと話す相談者。

「これは故障か?」と思ったのですが、そもそもWi-Fiは普通に機能していて、このブログを書く際にも問題なく機能しているので問題は無いはず。ということは「SIMカードか本体の故障」を疑うのですが…これもまた問題が無いとのことだったんですよね。

SIMは契約会社に連絡してみても問題なく機能していることは確認できていましたし、販売店に持ち込んでも普通に通信できるとのお話をもらっていたという状況。iPadに関しても一時的にWi-Fiがつなげたのも僕が確認していたので、受信体の問題でもないようす。

つまりは他の問題があるのかなと…。

色々と試してみた

ということで、ここから利用者の了解を得ていろいろと試してみました。

まずは、iPadの確認から。モバイルデータ通信でSafariのアプリを起動してみるものの、アプリは立ち上がるが何も表示されない。通信はしているようですが、くるくると処理中のマークが出るだけ。

Gmailでメール送信を試みるものの、こちらも音沙汰なく送信ができないといった状況。お手上げでしたね。

モバイルデータ通信を一度諦めてWi-Fiに挑戦。Wi-Fiの場合は、事業所のWi-Fiを使えるように設定してみるものの一向につなげる兆しはなく。そもそもWi-Fiのマークすら表示できない状況になっていたんですよね。

アップデートをしてみる

そのうち何故かはわからないものの、Wi-Fiが一時的につなげるようになり、アップデートの確認をしてみました。するとアップデートが全然できていなかったんですよね。なので速攻アップデート。

とはいうものの、かなりの時間待ちましたので午後の部へもつれ込むといったかたちになりました。

午後になりアップデートが完了したと利用者から話があったため、再度状況確認。このときには、またWi-Fiが繋げないと言った状況になっていましたね。

「もうどうすることもできない…」そんなことが頭をよぎったので、もう一度確認してみたわけです。iPadの設定画面をじっくりと見てみると…。

問題発見か?

「ん?これは?」

そんな時に気づいたのがVPNという表示。僕自身もiPadは持っているので設定画面は見慣れてはいるのですが、なんとも見慣れない表示があったわけです。

※ちなみにiPadを業務に使ってみた際に書いた記事はコチラ↓

福祉の業務改善シリーズ②ipadによる仕事の効率化

VPNという表示を見て確認してみたわけです。これについては以前のリモート環境を作り出す際に少しばかり勉強していたためなんとなくわかっている状態。早速ググって確認してみました。

VPNとはなにか

ということでVPNを確認してみたところ、こんなカンジの内容。

VPNとは、「Virtual Private Network」の略称で仮想専用線と呼ばれるもの。ネット上に仮想の専用線を構築し、暗号化等を図ることで気密性を高めセキュリティ対策として行われるもの。

…うん。なんかセキュリティとか書いてあるから、これが関係しているっぽい。

もう1つ確認したのが「フィルタ」

もう1つ確認したのが、自分たちのWi-Fi環境についてです。

というのも、うちのWi-Fi環境って思ったよりもちゃんと整備してあるんですよね。色々とセキュリティの機材を使ったり、設定したりと手を加えているんです。

なのでこれとも互換の関係があるかな〜と思い調べてみるとこんなカンジの内容を見かけたんですよね。

VPNを利用しての通信の場合、IPアドレスが重なったり、フィルタリングによって遮断されうまくネットワーク接続できないことがあり、別途接続のための操作が必要になることがある。

うん、やっぱりこれっぽい‼

問題解決へ

VPNと事業所のフィルタリングについてかんたんに確認したので、あとは問題がこれで解決されるかどうか。

まずは、iPadのVPN設定の解除です。

本人はVPN設定なんかしていないと話しているので、「一般」からVPNの設定状況を見てみました。すると、あったんですよね。「Document VPN」が。ということでこれをOFFに。

ところが、OFFにしてもまた勝手にVPN作動。

「なんと…(笑)」

勝手に立ち上がるという事態になっており、正直一瞬焦りましたね。

オンデマンドVPNの設定へ

焦りましたが、Document VPNを選択して「情報」を見てみるとオンデマンド設定なるものが…。

Appleサポートで調べてみると以下のリンク先のページに行き着きました。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/deployment-reference-ios/iord4804b742/web

これをOFFにしてやっとVPN設定がOFFになりました。

「自動で立ち上がるとかすごいな〜」と思いつつ、「でも、こんなんだと解決できない人もいるよな」と正直のところ思ったので今回記事にしたわけです。

Wi-Fiを再接続

VPNがOFFになったのを確認して再度Wi-Fi接続を試みます。もちろん、成功です。結局のところ、Wi-Fi接続できなかったのはこれのせいだったんですね。

VPNになっていてうちのWi-Fiのフィルタリングで弾かれるという構図。うん、気づきにくい(笑)

実はこの兆候は見られていたんですよね。というのも、VPNをONの状態でWi-Fi接続したところ、一瞬ではありますがWi-Fiに接続できたんです。本来、iPadが壊れていて受信体に問題があればこれは起きないはず。

ということは何かしらの理由で接続できても弾かれているんだなと。

ちなみに一時的にWi-Fiが接続できてアップデートができたのはVPNが何かの拍子に外れてWi-Fiが接続できたからだと思われます。色々といじっていたので、どのタイミングで外れたのかはわかりませんが…(笑)

モバイルデータ通信も正常に接続

その後Wi-Fiを使って契約状況を確認してみても、規定ギガ数を超えているなどは見られなかったので再度Safariを立ち上げると普通に表示されたんですね〜。接続成功です。

結局のところなにかしらのVPNの設定によって通信できない状況だったのかなと思いますが、とりあえず問題は解決したので良しとしました。

これで体調不良で事業所を休むこととなっても連絡は取れるようになりましたしね。

VPNって大事な設定ですよ

今回の記事ではVPNによる通信がうまくいかない事例ではありました。こんな話を聞くと「VPNっていらない」なんて話になりそうですが、これは間違い。

少なくともVPNについて今回学んだのは情報保護としては有効な手の1つであるということ。あくまでも役に立つものなので、間違ってもVPNはいらんなんて言いません。要は正しい知識を持って適切な設定が必要ということですよね。

近いうちにVPNに関する設定に関しても利用者と相談して見直してみようかなと思います。

それでは、また。