【価格やお得】お金も大事だけど判断で大事なのは時間なんだ

こんにちは、リュウです。

先日新しくネット環境を整えようと光回線を引いたという記事を書きました。

【Wi-Fi・テザリング・光回線】家族でネットを使うならどんなネット環境がいいか

ずっと考えていたことなのに、今年になってしまったのは色々な理由があるからなのですが…、今思ってみると案外無駄なことをしたなと振り返る今日このごろ。

「そもそも早く決めておけばよかったのにな」と思うことがあったわけで、今回はそのことについて記事にしておきます。

お金も大事だけど一番は時間

光回線をつなぐまでのこの10年間、本当に無駄な時間を多く過ごしたと思っています。ネット環境が整うと全然違いますから。

※おすすめはコチラ→ So-net 光 コラボレーション

まあ、それだけ現代はネットを使うことが多くなったからなのでしょうが…。

光回線を引くにあたってネックになっていたのは、「どこがお得か」ということ。

ただ、これって本当に大事なことではないんですよね。一番は「時間」なわけです。

よくよく考えてみればわかること

「どこがお得か調べてからにしよう」なんて考えて後回しにするんですが、実際にはそのまま手を付けずに終わる。

そしてまた思い出した時に同じ思考を繰り返す。

スマホとか電気料金とか、ネット以外でも同じです。皆さんはこんなことってないですか?

これってよくよく振り返ってみてかかった金額全体でみるとお得じゃないんですよね。

いや、よく考えなくても賢い皆さんならわかることでしょうね。僕が愚かなだけ…(笑)

コストは「お金×時間」で算出される

スマホでも、ネット回線でも、電気量でも何でもそうです。コストがかかります。

コストって、「つまりはお金でしょ?」と思うわけですが、実際のところはそれだけじゃないんです。

月々払うものなんですから、当然時間がかかればコストも増大するわけですよね。

コストは「お金×時間」でかかるものなんです。

リサーチのし過ぎはコストを増大させているだけ

確かにコストを抑える上で事前のリサーチは必要です。

ただ、それに時間がかかればかかるほど年間としてのコストは掛かっていくわけです。

だってコストは「お金×時間」なのだから。

なので数千円単位の違いはすぐにでも決断して動く必要があるわけです。

具体的にイメージしてみると…

たとえばスマホの料金設定。今年の3月から大手3社のスマホ料金の設定が大きく見直されましたよね。

以前までのスマホ料金なら7,000円以上していたのが、今だと2・3,000円程度で使えたりします。

そうした時に、どのキャリアが良いかとか実際のデータ量はどのくらいが良いかなんて考えていたとしましょう。

月が変われば、また新たな請求が来てしまうわけなんですよね。

表にしてみた

単純計算だとひと月7,000円とひと月3,000円のプランで見れば下のようなカンジで変わりますよね。

当月 1ヶ月後 2ヶ月後 3ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後
ひと月7,000円 7,000円 14,000円 21,000円 28,000円 35,000円 42,000円
ひと月3,000円 3,000円 6,000円 9,000円 12,000円 15,000円 18,000円
差額 4,000円 8,000円 12,000円 16,000円 20,000円 24,000円

当たり前の話ではありますが、大きく金額は変わってくるわけです。

半年ほどで20,000円以上が変わるので大きな金額ですよね。

遅くなればなるほど、コスト差は大きくなり、自分の損失も大きくなるわけですよね。

頭ではわかっているつもりでも、実際に目で見てわかるようにするとその差の大きさに驚かされませんか?

お金を上手に使うなら「時間」を大切にしよう

日常生活の中で「お金」はとても大事なものです。生活に直結しますからね。

でも、上の表からもわかるように、時間も同じくらい大事なんです。

今の時代、投資を始める人も多くなりましたが、投資もまた複利と時間で資産を形成するものであって、単にギャンブルのような運では資産は増えません。

「お金」と「時間」はとても密接な関係にあるんですが、日々の生活ではそんなに気にしないで無駄に時間を費やしてしまったりもします。

なので、「時間」というのは意識して使っていく必要があるんですよね。

リサーチは程々にして早めに手を打つ

ということで、実際のところ一番のお得って、リサーチは程々にしてある程度金額が落とせるなら即行動。

その上で必要があれば後々調整を定期的に行っていくことが一番のお得だったりします。

そのためにも物を購入したり、サービスを契約したりするときは金額をざっくり見るのと、解約や変更したりするときの違約金や初期投資の金額などを確認する程度に留めておいたほうが良いんですよね。

今回の光回線の契約だって、10年も無駄にかけてしまったのはプラン考えるのと、工事を手配するのが面倒だったからなんですが…。

テザリングのデータ容量がオーバーしたり、遅い通信を光回線と同じ代金で使うこととなったりと無駄にストレスやコストが掛かってしまったのは明らか。

今回の一見でリサーチにして、めんどくさがらずとっとと行動することが大事だなと本当に実感しました。

皆さんは、こんなことが無いように反面教師としてこの記事を参考にしていただければ幸いです。

それでは、また。