無料タスク管理ツールならTrelloがオススメ‼

こんにちは、リュウです
普段は福祉現場で相談職をしながら、事業・法人運営もしています。
 
福祉の現場って忙しくあっという間に1日が終わります。
そんな中でも絶対に外せないお仕事はあるものですよね。
ただ、タスク管理ってたいへんで業務中にタスクが増えるなんてこともしばしば。
 
今回はそんな忙しい人へ、とっておきのタスク管理ツールを1つご紹介です。

どれか迷ったらとりあえずTrello

タスク管理ツールって色々ありますが、逆にありすぎてこまりませんか?

1つひとつ試すわけにもいかないでしょうし。

ということで、そんな人は今回紹介するTrelloをつかってみましょう。

Trelloへのリンクはコチラ

ここで一度かんたんにオススメな理由を説明しますね。

基本無料で利用可能

かんたんなタスク管理では無料で使えるので大丈夫。

最初のうちはあれこれせずに純粋にタスク管理だけでしょうから。

僕も無料でずっと使っていますよ。

タスク管理以外のものは求めていないので(笑)

ブラウザで使えるので楽

もう1つオススメな理由はブラウザで動作する点。

アプリとかでなくウェブブラウザで使えます。

なので、動作が軽くてPC機能に依存する部分が少ないんです。

ネット閲覧ができる程度で十分動くので安心。

僕も前は低スペックPCでしたけどちゃんと動いてましたよ。

まずはTrelloを使ってみよう

色々書いていても百聞は一見にしかずといいますからね。

使ってみれば良さがわかりますよ。

あ、良い忘れていましたが

Trelloのウリの1つはチームタスク管理ができるということもあります。

ですが、僕はひとりでつかっています(笑)

実際のタスク管理画面と使い方イメージ

Trelloのタスク管理画面
Trelloのタスク管理画面

Trelloのタスク管理画面はまるで付箋をはりつけていくカンジなんですよね。

付箋に大事なことを書いて、PCとか机に貼っている人いませんか?

あれをPCのブラウザ上で出来るというイメージかなと。

 

…付箋貼っておいたのに剥がれている時ってありませんか?

前からずっと残っているタスクが年月が経って剥がれ落ちてくるという…(笑)

 

画面上のカードはマウスでドラックして自由に動かすこともできます。

剥がれ落ちない‼けど移動できる‼(笑)

ちなみに終えたタスクはアーカイブして視界から消せますのでわかりやすい。

進捗状況がわかりやすい

タスクごとの進捗状況確認の画面

上の画面はそれぞれのタスクカードをクリックすると表示されます。

左のチェックリストを使えば進捗状況なども確認できます。

 

付箋でのタスク管理だとここまではできませんよね。

Trelloの場合はこれが出来るのがいいんですよね。

 

1つの画面にタスクを貼り付ける。

そして開けば進捗状況も把握できる。

これって僕としては便利だと思うんですよね。

Trelloを使うまでの手順

ここまでTrelloの機能についてかんたんに見てきました。

 

ここからは登録から使うまでの手順を紹介します。

僕が実際に登録していったときの画像つきでの解説ですよ。

Trelloの登録はかんたん

 

Trelloのサイトトップで登録のボタンを押します。

すると上のような画面に移りアカウントを作ることとなります。

 

アカウント選択画面の下に日本語と書かれているところがありますね。

最初は英語になっているので日本語に切り替えると良いですよ。

ある人はGoogleアカウントで登録すると楽ができます(笑)

 

登録後にうつるのが上記の画面。

チュートリアルの始まりです。指示通りに進めればOK。

 

チュートリアルの際に打ち込んだものは後に修正可能です。

気にせずに進めましょう。

 

ここではリストの作成ができます。

結構使う機能ですがかんたんなのでここで練習しておきましょう。

 

リスト内にカードを作っていきます。

このカードが付箋の代わりになるわけですよね。

 

進捗状況の確認などで使えるチェックリストの練習です。

これも使うかもしれないので一応かんたんに練習しときましょう。

 

チュートリアル終了…ボタンを押せば管理画面に移ります。

管理画面では先程練習したことが色々できます。

無料でタスク管理を便利にこなしていこう

今回紹介したTrelloは無料で使えるタスク管理ツールです。

比較的かんたんに使えるのでまずは1つ使うには良いかと。

ちなみにブラウザ動作なので一応は個人情報関係はやめておきましょう。

あくまでも日常のタスク管理のために使ってみてくださいね。

Trelloへのリンクはこちら

 

ちなみに最近ではクラウドサービスkintoneでもタスク管理をしています。

kintoneに関しての記事は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

参考記事→【福祉事業所・記録】kintoneを導入すべき理由

【福祉事業所・記録】kintoneを導入すべき理由

それでは、また。