【WordPress・画像】早めにEWWW Image Optimizerは入れといた方がいいね

こんにちは、リュウです。

今日はWordPressでブログをする際に早めに入れておきたいプラグインのご紹介です。

その名も「EWWW Image Optimizer」です。

※今回はヒトデさんのヒトデブログを参考にしたしました。

というのも、あとから導入すると少しばかり時間がかかるので大変だったんですよね。

今回の記事を参考に早めに導入をおすすめします。

画像を使うならこのプラグイン

WordPressでブログを書く時って色々と画像を使うと思います。

 

※前回の画像に関する記事→【WordPress・画像】メディアを追加から画像アップロードしてエラーが起きる

【WordPress・画像】メディアを追加から画像アップロードしてエラーが起きる

 

そんな時に必要なのが画像の軽量化。

最初のうちは良いんですけれども、流石に長く続けていると結構な数の画像になります。

なので今回紹介する「EWWW Image Optimizer」を入れておきたいところ。

具体的にできること

EWWW Image Optimizer」でできることは色々とあるんですが…。

僕として必要だったのがこの3つだったんです。

  1. すでにアップロード済みの画像の軽量化
  2. 今後の画像アップロード時の自動軽量化
  3. メタデータの削除

軽量化は本当に必要だったので色々と調べた結果、評価もいいのでこのプラグインを導入しました。

実際に導入するには

ということで、早速導入したわけです。

「プラグイン」→「新規追加」→「検索窓へプラグイン名を入力」ですね。

ちなみに検索しやすいように下をコピペして貼り付ければいいですよ。

EWWW Image Optimizer

これで検索して、インストールし有効化でOKです。

注意点があります

実はこのプラグインは似たものがあります。

それがこれ↓

これはプラグイン自体が軽いみたいなのですが、日本語じゃないのでわかりにくいとのこと。

ということで、間違わないようにしましょう。

 

実際にインストールすべきなのはこれ↓

似てますが、こっちは日本語で表記されているのでわかりやすいです。

 

設定方法として必要なこと

有効化したら設定もしておきたいところ。

有効化と同時に自動で軽量化はされるようなので、そのままでもOKとのこと。

 

ただし、1つ確認が必要‼

上の画像にあるように、「メタデータを削除」のところにチェックが入っていることを確認。

これによって位置情報などが削除されるようになります。

有効化の際にも確認されることなのですでにチェックされていると思いますが、一応確認しましょう。

 

すでにアップロード済画像を軽量化

すでにアップロード済の画像は有効化しても軽量化は自動でされません。

なので「メディア」→「一括最適化」の手順で軽量化をします。

が、すでにアップロード済みの画像が多ければ多いほど時間がかかります。

これですね…すごく時間がかかったわけです。

数時間かかりましたよ(笑)

この時ばかりはもっとはやくやっておけばよかったと思いましたね。

気づいたのがおそすぎました(汗)

早めの導入が良いですよ、ホントに

数時間と書きましたが、実際に掛かった時間が5時間ほど。

すごい時間がかかったので、2日にまたがってやりました。

まあ、一時中断も出来るのでそれは助かりましたが…。

いずれにせよ、いつかは必要になるプラグインなのでこちらは早めに対応が良いかなと。

僕のように大変になりますからね(汗)

とはいえ、有効化してからは自動で軽量化されるそうなのでそれは助かる。

今後も画像は増えていくでしょうからね。

みなさんも気をつけて、早めに導入しましょうね。

それでは、また。